“あかい糸めーる” de Happy Wedding ~出会い・結婚応援事業で出会った方々の笑顔のご報告~

 福岡県では、独身男女に出会いの場を提供し、結婚のきっかけづくりを行う「出会い・結婚応援事業」を実施しています。
 ボランティアで出会いの場を提供する企業や団体が「出会い応援団体」として県に登録し、パーティーやバスツアーなど、毎月様々なイベントを開催しています。
 今回、この事業を通じて出会い、成婚に至った良寿さんとまどかさんにお話を聞いてきました。

【カップルプロフィール】 良寿さん(45歳)、まどかさん(38歳) 出会い:2015年9月 プロポーズ:2015年10月 結婚式:2016年1月


20回目のイベントで出会った運命の人 付き合ってすぐに結婚を意識しました

イベントに参加するきっかけを教えてください

良寿さん

「22年間会社勤めをしていたのですが、2年前に家業の農家を継ぐために退職しました。サラリーマン時代は女性が周りにいる環境だったので、『その気になれば結婚できるだろう』と思っていました。ところが、農業を行うようになると畑と自宅の往復のみ。女性どころか家族と近所の方にしか会わない環境に『これはまずい!このままじゃ一生結婚できない』と危機感をもったんです。そこで、福岡県が行っている『出会い・結婚応援事業』のイベントに参加するようになりました」
 

まどかさん

「私の職場は女性が多く、なかなかお相手に巡り会えませんでした。そろそろ結婚を真剣に考えないといけないと思い、仕事を辞めて婚活をすることにしました。結婚相談所にも登録していたのですが、なかなかご縁がなく…『県政だより』に載っていた『出会い・結婚応援事業』のイベントに参加することに決めました」

 

お互いの第一印象を教えてください

良寿さん

 


思い出のイベント会場にて

「私たちが出会ったのは、太宰府市にある飲食店で行われた7対7のイベント。私は、他の婚活イベントも含めて20回目くらいに参加した会だったでしょうか。少人数だったので一人ずつ とゆっくり話すことができたのがよかったですね。まどかさんの第一印象は、素朴でまじめな方だと思いました。かわいがっている甥っこや犬の写真を見せてく れたのを覚えています」





 

 

まどかさん

「良寿さんは場のムードを盛り上げる明るい性格の方だと思いました。それだけでなく、会話のなかから優しさや包容力も感じました」
 

お付き合いのきっかけを教えてください

良寿さん

「私が渡した連絡先に、まどかさんが返事をくれたことがきっかけです。会うたびにまどかさんのピュアな部分がどんどん見えてきて、惹かれていきました。3回目のデートで博物館を訪れた時、具体的なお付き合いの話になったんです」

まどかさん

「良寿さんが『子どもが欲しい』と言っているのを聞いて、最初はお断りしようと思ったんです。子どもを授かる自信をもてなかったので…」

良寿さん

「二人とも『子どもが欲しいね』という話で盛り上がったので、まさか断られるとは…。でも、子どもを持つ持たないは別にして、まどかさんとお付き合いしたいと思ったことを伝え、交際がスタートしました」
 

結婚を意識したのはいつ頃ですか?

良寿さん

「結婚を前提にお会いしていたので、お付き合いが決まったらすぐに真剣に考えはじめました。まどかさんは決して人の陰口などを言わない人。そして、おっとりしているように見えて実は決断力があるところもいいと思いました。そんな人柄がわかるにつれ、結婚したいと思うようになりました」

まどかさん

「私は第一印象通り、良寿さんの包容力のあるところや心があたたかいところにひかれました。一緒にいてとても楽しいのももちろん決め手ですね」
 

プロポーズのシチュエーションを教えてください

良寿さん


砂浜に「まどかさん結婚してください」の文字

「出会って一か月くらいの時にプロポーズしました。まどかさんの自宅に食事に招かれた日、ご両親に会って結婚の話をする前に、きちんとプロポーズをしたい と思ったんです。そこで、朝早い時間にマリゾンの砂浜にメッセージを書き、まどかさんを迎えに行って、一緒に福岡タワーに上りました」





 

 

まどかさん


 

マリゾンで結婚式

「砂浜を見たら『まどかさん、結婚してください』と書かれていてびっくり! さらにお揃いの腕時計をプレゼントされました。すごくうれしかったです。その後、自宅で両親に報告して、結婚が決まりました。
結婚式も思い出のマリゾンで挙げたんですよ」






 




 

お互いに感謝の気持ちを忘れずに、「ありがとう」と伝えあっています

結婚後、お二人の生活について教えてください

良寿さん

「いま、ちょうど結婚式から2か月くらいたちました。私の実家の一角に二人の新居を構え、生活をしています。両親と同じ敷地内ですが程よい距離感があり、関係も良好です。まどかさんは、私の農業もサポートしてくれています」

まどかさん


キャベツ畑にて

「私の生まれは福岡ですが、幼少期を過ごしたのは北海道の自然豊かな場所。のどかなこの土地での暮らしはなんだか懐かしい気持ちになります。少しですが、出荷のお手伝いなどをしています」





 




 

二人で心がけていることはありますか?

良寿さん

「感謝の気持ちを伝えるようにしています。『ありがとう』と思ったら、口に出して伝える、その積み重ねが大切かなと思って」

まどかさん


家事も二人で助けあい

「良寿さんは、お米研ぎや掃除機かけなど、家事まで手伝ってくれるんです。私も『ありがとう』をいつも伝えるようにしています」



 

 

二人で過ごす、どんな時間に幸せを感じますか?

良寿さん

「週に5日は、福岡市のアイランドシティにある青果市場に二人で出荷に出かけています。車の中でいろいろなことを話していたら1時間の道のりもあっという間ですね」

まどかさん

「良寿さんは車や自転車が好きだったりと多趣味なので、教えてもらったり。逆に私は映画や音楽が好きなのでそのことを教えたりしています」

良寿さん

「この間は映画に一緒に行ったよね。私は20年ぶりに映画館に行きました」

まどかさん

「20年ぶりっていうのに驚きました(笑)。お互いの知らない世界を知ることができるのも楽しいですね」
 

これからどんな家族になっていきたいですか?

良寿さん

「毎日、笑いの絶えない家庭にしたいです。いい友人にも恵まれているので、家族ぐるみの付き合いができるのも楽しみです」

まどかさん

「やっぱり子どもが欲しいです。2人できるとうれしいな。この生活に早く慣れて、ご両親や地域の方とももっと仲良くなりたいです」
 

思い立ったらすぐに行動を!きっとあなたにも素敵な出会いが待っています

婚活をしている方にメッセージを!

良寿さん

「1度だめだったからといって諦めないで欲しいですね。場数を踏まないとわからないこともあります。参加していると自分に合うイベント、合わないイベントもわかってきます。合うイベントに参加していたらきっと素敵な出会いがあるはずです」

まどかさん

「『結婚したい』と思ったら、なるべく早く動くことが大切だと思います。私も行動したので、良寿さんに出会うことができました」

 

いつまでもお幸せに!

話題が豊富で楽しい良寿さんと、控えめでありながら芯の強さを感じるまどかさん。さまざまなエピソードが飛び出し、笑いの絶えないインタビューとなりまし た。言葉の端々にお互いへの思いやりや感謝の気持ちがにじみ出るお二人。福岡県に“にこにこ家族”がまた一組、誕生しました。




 


topへ戻る